こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

ここで、当院で行ってるキネシオロジーテストってどんなもの?を説明しようと思います。

キネシオロジーテストとは?

ヒトは、第6感のような感覚を必ず持っています。その第6感は自分にとっていい食べ物か?悪い食べ物か?を判断することができるんです。自然に住む動物は、すべて持っている感覚なんです。それがないと、毒を食べて簡単に死んでしまうことになるからです。

もちろん、ヒトも持っていたんですが、現代人は第6感を捨ててしまって、知識で判断するようになりました。ですのでジャンクフードを食べても、おいしいと感じるようになってしまっているんです。

その第六感を、キネシオロジーテストや腕長反射という筋肉を使ったテストを使って調べます。一番有名なのは、オーリングテストという方法です。

オーリングテストという言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。

次の映像はオーリングテストについて説明した映像ですが、説明している先生との面識は全くありません。

本来は、その第6感が正しく使えているのか?を予備テストという形でチェックし、修正してから調べます。予備テストについては後ほど説明します。

今からの映像は当院でも使用している腕長反射テストを利用した例です。東京の町田市で開業しておられる河瀬先生の作ったYouTubeをお借りしています。
⇒ かわせカイロプラクティック

今からの映像は食べ物によってヒトがどんな反応を示すか?の例です。ここに出てくる先生とは面識はありませんがYouTubeからお借りしました。

このように第6感は知らず知らずのうちに反応しているんですが、現代人はその感覚を鈍らせてしまってるんですね。

例えば、大豆や小麦には、自然の毒が含まれているんです。先人のヒトは、第6感で毒が含まれているのを感じてたんでしょうね。発酵させることによって毒性を減らしてたんですね。

例えば、醤油や味噌などです。現代人は知識で考えます。「大豆が身体にいい」と言われれば一生懸命食べる、、、第六感は何と言っているか?を何も感じずに、、、

先ほども言ったように、このキネシオロジーテストは完璧ではありませんし、騙される可能性もあります。例えば、脳が混乱していると反応が逆になってしまうことがあります。そうなると、ジャンクフードを身体にいい、と判断してしまうことになります。

ですので当院では予備テストという方法で脳の混乱を取り除いてからテストします。今からの映像は面識は無いんですがYouTubeからお借りしました。当院の方法とは少し違いますが予備テストについて少し説明があります。

当院では主に腕長反射テストという筋肉反射を腕の長さを見て判断するキネシオロジーテストを使いますので、お子様や高齢の方やでも受けて頂くことができます。

 

⇒ ご質問・ご相談はこちらから

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査(フィシオエナジェティック)は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補