こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

ホリスティックキネシオロジーの創始者であるラファエルDOは、ウィーン・スクール・オブ・オステオパシーの創設者でもあります。

raphael

ホリスティックキネシロジー協会HPより引用)

これまで、世界中を巡って オステオパシーやホリスティックキネシオロジーを各国の治療家やセラピスト達に教え続けていただけではなく、オーストリアのこの学校の運営にも携わっておられました。

この設立した学校の運営を辞任され、現在は世界でホリスティックキネシオロジーを教えることと個人セッションの他に、「やりたい事」に専念するようになったそうです。

ラファエル先生がやりたいこと、それは人間や生命に関する実験と調査研究です。そして論文を発表しシェアすること。セミナー中にも面白い研究内容の話しをいくつか聞きました。

授業中に顎骨病巣(歯を抜いた後の骨に慢性的な細菌感染が起こること)についての話しをしていた時に、歯科的治療をする以外だとアロマセラピーが非常に有効である、という説明がありました。

ラファエル先生は、このセラピーを何十年も患者さんに行なってきて、歯肉にアロマオイル塗り込むと歯肉を通って骨に到達し、さらに顎骨にできた炎症(病巣のある部位)を探してそこへ到達するということを臨床的に発見しました。

その部位に塗り込み、その部位が治ると考えられていましたが、そうではなく、アロマの成分が、勝手に炎症部位を探しだして、そこへ移動し治療するそうです。

ラファエル先生はそれが体の他の部位にも起こること、それから香りを吸い込んで肺に行きそこから悪い部位を探すのかどうか?をきちんと立証できる形で実験してみたかったのだそうです。

そこでスイスの大きなタバコ会社にお金を出資してもらい、フランスのアロマセラピー大学との提携で研究を始めました。どうやって実験したかというと、アイソトープ(放射性物質)を使ってアロマの成分をマーキング(アロマ成分に色付け)し、アロマ成分を吸引した時に肺から体内のどこへ行くのか?を見ていったそうです。

「タイム」というアロマ成分は、炎症を起こしている箇所に到達したのが確認されたそうです。「ローズマリー」やその他のアロマは、肝臓に到達したそうです。

また大腸菌の実験のお話しも非常に面白かったです。培養液の中に大腸菌を入れ培養させます。大腸菌がいるシャーレの5つのポイントにそれぞれ異なるアロマ成分をたらしました。

どのアロマが一番、大腸菌を消滅させる作用があったかというと1番効果があったのは「フランキンセンス」というアロマです。2番目に効果があったのは「タイム」というアロマだったそうです。この2つはホリスティック歯科治療でもよく用いられることがあるそうです。

それから抗生物質と「タイム」というアロマを比較した実験も行なったそうです。抗生物質は最初だけ強烈に効くけれど、すぐに効果が無くなります。けれど「タイム」や「ティーツリー」を入れたら効果がずっと続いて菌が死滅していったそうです。

菌を殺す効果を発揮させるためには、オリーブ油などベースオイルにアロマを数滴たらして1日に3回ほど塗り込む、これを14日間行なう、とのことでした。

ところで なぜタバコ会社がこのアロマ成分の研究にお金を出資してくれたかというと、アロマ成分が入ったタバコを販売したかったからだそうです。

研究結果が出た後、実際にアロマ成分入りのタバコが販売されています。リンゴ&カモミールの入ったタバコが発売されましたが、売れ行きが伸びずに残念ながら販売中止になったそうです。そして、研究資金も打ち切られてしまった、ということです。
残念ですね。

結局「やりたい事」「たのしい事」をすると、必要な縁が自然発生するかのように現れてくる、そして必要な時に必要な人や環境が整ってきます。意識や目標というのはそれだけ重要だという事ですね。

最後にとても印象に残った先生の言葉『筋力反射テストだけで判断してはいけない』、その人がリバウンドしないようなきちんとした気持ち・考えを持てているかをしっかり見ないといけないということです。

ホリスティックキネシオロジー検査法を確立したラファイル先生は、毎日、健康のために塩水を飲んでいるそうです。方法は岩塩を水に最大限に溶かした原液を水に数滴混ぜて飲んでいるそうです。

現代は塩を悪者にする傾向があります。何故でしょうか?

その最大の原因はナトリウムというミネラルだけを精製することができるようになったのが原因です。いわゆる「食卓塩」です。ナトリウムだけを過剰に摂取しているためにミネラルバランスが崩れるのです。

後ほど紹介する『動物たちの自然健康法』という本にも書いてありますが、森に住む哺乳類や鳥や昆虫や蝶や爬虫類らが塩溜まり(岩塩のようなもの)に皆集まって塩水を舐めたり吸ったりしているのです。実際に以前テレビで見たことがあります。カラフルな蝶がたくさんいたので、ひじょうに幻想的な映像だったのを覚えています。

『動物たちの自然健康法』という本には、塩は必須ミネラルの補給の意味もあるのですが、有毒物質の解毒の意味もあると書かれています。

動物たちの自然健康法―野生の知恵に学ぶ
シンディ エンジェル Cindy Engel
4314009497

実際に当院でも解毒のフォローにミネラル不足がないかを必ずチェックします。理由はミネラル不足があると水銀や鉛などがたまり易くなるためです。

ミネラル不足になると身体の中に水が貯められなくなります。通常カリウムとナトリウムのバランスだけが重要視されますが、亜鉛やマグネシウムなど他のミネラルも関与します。塩水は天然のマルチミネラルなのです。

安価で簡単にできる健康法です。ぜひ試してみてください。もちろん料理に使ってもOKです。ただし、腎臓の機能が低下している方はナトリウムを取らないほうが良いケ-スもありますので注意が必要です。

 

⇒ ご質問・ご相談はこちらから

 

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補