こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です

今日は交通事故やスノーボード事故などの後遺症であるむち打ちについてお話しします。

むち打ち症の後遺症

むち打ち症の後遺症の中でも大きな問題になるのがこの部分の捻挫です。

3atlas 2atlas 1atlas

この部分が捻挫すると亜脱臼状態となります。この靭帯は環椎十字靭帯と呼ばれ特に横向きの環椎横靭帯が捻挫すると大変です。

環椎横靭帯は脱臼を防ぐ厚い強力な靭帯で、軸椎の歯突起をバンドのように止めています。

環椎横靭帯が緩むと、通常環椎と軸椎の可動域は左右回旋で20度づつ程度のところが45度くらい回旋してしまうようになります。本来は残りを下部の頚椎の回旋により首が90度くらい回るのですが。上部頚椎部だけで回旋してしまうような状態になります。

こうなると硬膜が捻れて脳脊髄液の循環が悪くなるだけではなく、椎骨動脈にも影響を与えます。

今話題になっている脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)という診断をされている方の中にも、この靭帯を捻挫している方は多く見られます。

残念ながら常に負担がかかる場所で靭帯を元に戻すのは大人になってからでは不可能に近いです。

ただし上部頸椎カイロプラクティックである程度の状態で歪みを抑えていれば健康的な日常生活を送ることができます。

脳脊髄液とは?

脳脊髄液とは、脊髄や脳を取り囲んでいる空間を循環する無色透明な体液(リンパ液)です。この脳と脊髄は髄膜という膜に おおわれていて、この膜の間を脳脊髄液が循環しています。

髄膜は三層の膜から構成されており、一番外側が硬膜(こう まく)、次にくも膜、最も内側が軟膜(なんまく)となっています。 そして脳脊髄液は、このくも膜と軟膜の間のくも膜下腔(くもまくかくう )というわずかなすきまを循環しています。

脳脊髄液は脳や脊髄を外傷や身体的衝撃から保護したり、脳の水分含有量を調節したり、神経分泌物やホルモン、栄養素、老廃物などを輸送する役割をもっています。脳脊髄液は側脳室の脈絡叢(みゃくらくそう)で産生・分泌されます。その量は日量500ml程度とされ、脳内を循環します。 全髄液腔の容積は約150mlであり、1日で3~4回入れ替わります。髄液は主にクモ膜顆粒で吸収され静脈に戻ります。

椎骨動脈とは?

td1

td2

td3

斜め上を向くとフラッとしたり吐き気がしたりする場合は、椎骨動脈が圧迫されているもしくは狭窄している可能性がありますので要注意です。

そのほか上部頸椎についてのブログ記事

 

むち打ちの後遺症でお悩みの方、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)と診断され治療しても良くならない方は、是非ご相談ください。

 

⇒ ご相談・ご質問はこちらから

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市・京都・滋賀
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補