こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

波瑠さん主演のNHK「お母さん、娘をやめていいですか?」最終回が終わりました。

こんなこと本当にあるの、って思う人もいるかもしれませんが、現実に同じようなケースはたくさんあると思います。

marcisim / Pixabay

こんな毒親は要注意です

  • 表面上は「子どものため、子どもの幸せを願って」なんですが、「病気の子どもの面倒を一生懸命見ているいい親」を演じているだけだったり、無意識に子供を支配している親がいます。
  • 「子どもの夢のため」と言いながら自分自身の果たせなかった夢を果たそうとしている親
  • 「いい大学に入っていいところに就職することが幸せな事なんだ」という親の信念を子どもを使って証明しようとしている
  • 子どもを自分自身より下に見ることによって自分自身の価値を上げようとしている
  • 子どもを育てることが、自身のアイデンティティになってしまう。一見いいことのような気がしないでもないですが、そのアイデンティティがなくなることに恐怖を感じるため、子離れできなくなります。
  • 自分自身の信念システムを子どもに投影してしまう。
  • 子どもの能力や幸せに対して嫉妬してしまう。
  • これだけのことをしてあげているんだから、というネタを使って、自立することができない子供をコントロールしようとする
  • 「目標を達成した時だけほめる」「結果が出ないとほめない」
  • 「学校の成績が学年で7番だったよ!!」というと「そんなことで自慢するな。俺は2番だった」と・・・・これは私の話です。

こんな毒親の子どもは大変です

子どもはこういった問題を受け入れて生きて行くためにさまざまな無駄な信念システムを作り乗り越えていきます。子どもは親の支え無しでは生きていけませんからね。

そうするとこんな問題が起こってきます。

  • 一番にならないと意味がない、という信念システムができてしまうと、他人に褒められても受け入れることができなくなる
  • 親の機嫌を取るための行動しかできなくなる
  • 自分では決断できなくなるので、なんでも親に相談してしまう。もしくは占いなどに決めてもらう。一見仲良し親子に見える。
  • 頼まれたことをすべて受け入れてしまう。

などなど

ドラマの話しは現実です。現実だからあれだけの反響があったのです。

親子問題(毒親)について当院で出来ること

こういう親子問題(毒親)にはボディートーク療法がおすすめです。

⇒ ボディートーク療法について詳しくはこちら

ボディートーク療法でも他人を変えることはできません。ですが自分自身の中にある家族のエネルギーを変えたり、侵入してくる親の信念システムを分断したり、自分自身を強くしたりすることはできます。

 

親子問題(毒親)でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

 

 

※当院でおこなう検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとボディートーク療法/ホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市・兵庫県 伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・京都・滋賀・奈良からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補