こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

最近アレルギーの問題がある子どもが増えてきています。私が子どもの頃には、アレルギーの子どもなんてほとんどいなかった気がします。まあ私は喘息持ちでしたが、、、

今や給食においてアレルギー対応をしないといけない子供が多く、作るほうも先生も大変なようです。

Kurious / Pixabay

なぜこんなことになってしまったのでしょうか?

アレルギーが増えた原因

いろいろことが原因としてあげられていますが、私が個人的に思う原因を書いて見ます。

1、粉ミルク

粉ミルクは母乳のマネをした牛乳であって、母乳とは似て非なるものです。日本人の8割以上は、乳製品にふくまれるカゼインや乳糖を分解する酵素を持っていません。

母乳には栄養だけではなく、人間に必要なホルモンや抗体、カンジダ菌の増殖を防ぐビオチン、他にも乳酸菌も含まれているということがわかってきています。

こういう記事を書くと、母乳が出ない人を責めることになると言われますが、うちの娘も粉ミルクで育っています。母乳がどうしても出ない人もいますので、、、ではどうしたらいいのか、ということが大事ですね。

2、早すぎる離乳食

1歳までに食べたものはすべてアレルギーになります。1歳までは皆、リーキーガット症候群で腸粘膜が発達していません。ですので1歳までは母乳と水以外のものを与えてはいけません。WHOは2歳まで母乳で育てることを薦めています。

⇒ リーキーガット症候群について詳しくはこちら

3、除菌

赤ちゃんの腸内環境は、お母様の唾液に含まれる乳酸菌や物を舐めることによって細菌を取り込み、育んでいきます。また、母乳にも乳酸菌が含まれます。お母さんが噛み砕いたものを与えるのには意味があるのです。あまりに清潔にしすぎると腸内環境が育たないままになってしまいます。

有名な話しとしては、末っ子はアレルギーになりにくいというデータがあります。例えば、末っ子になると、汚いものを口にしてたって気にならなくなります。納屋で育った人はアレルギーになりにくいというデータもあります。

ほかにも、帝王切開で生まれた子供は腸内環境が悪くなりやすい、というデータもあります。最初に産道を通る時に、たくさんの細菌を取り込むことができるからです。

抗生物質は腸内細菌を殺菌します。乳酸菌が減るとアレルギー体質になると言われています。1歳までに抗生物質によって腸内細菌が殺菌されると、一生に影響すると言われます。家畜には、太らせるために抗生物質を与えます。

また、防腐剤やフッソや塩素などの除菌成分の入ったものを口にすることによって、腸内細菌を減らしてしまいます。

また、乳酸菌を取り込む食べ物が減ってきています。昔は、漬物など様々な発酵食品から乳酸菌を取り込んでいたのですが、現在は、市販されている漬物やキムチにはほとんど乳酸菌が含まれていません。衛生上の問題があるために殺菌されています。

4、予防接種などさまざまな化学物質の影響

予防接種には、毒性のないウイルスに抗体を作らせるため、アジュバンドという物質が入っています。これは、人工的にアレルギーを作らせる(抗体を作らせる)目的で、水銀・アルミニウム・スクワレンなどが使われます。

当然、都合よくウイルスだけに抗体ができるわけではありません。予防接種に入っている成分に抗体(アレルギー)ができたり、そのときに食べていたものに抗体ができたり、運悪くヘルペスウイルスが潜む神経に抗体ができてしまったり、運悪く風邪ウイルスが潜む内臓に抗体ができてしまったりすることもあります。

5、精神心理的問題

世の中の化学物質を過度に恐れたり、細菌を過度に恐れたりする信念システムも、アレルギーを増やす原因になります。ただし、化学物質を恐れないのもアレルギーを増やす原因になりますので、ほどほどが重要なんですね。細菌については、元々そんなに恐れる必要がないものです。

そのほかアレルギーに関するブログ記事

 

アレルギー体質でお困りの方、是非ご相談ください。

⇒ ご相談・ご質問はこちらから

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査(フィシオエナジェティック)は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市・京都・滋賀
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補