こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

人体に有害な毒素のひとつとして「フッ素」があります。

フッソとは?

フッ素は歯磨き粉に入っている成分です。

歯石を取った後に添塗するケースもありますし、歯科でのうがいの水に入っているケースもあります。
フッ素コートのフライパンも影響することがあるそうです。

日本では水道水にはフッ素は入っていませんが、海外では水道水に入っているところもあります。
英国やアメリカでは一部の水道水にフッ素が入っているので、その影響はたくさん研究されています。

フッ素の害に関する外部記事(引用)

フッ素を入れた水道水のリスク、甲状腺機能低下症につながる可能性(https://www.mededge.jp/b/heal/10057より引用)


英国ケント大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・エピデミオロジー・アンド・コミュニティ・ヘルス誌2015年2月24日号オンライン版で報告した。
フッ素レベルとの関連を調査 英国では人口の約10%(600万人)が水道水に1L当たり1mgのフッ素が含まれる地域に住んでおり、これまでの研究で水道水に含まれるフッ素と甲状腺機能低下症との関連が指摘されてきた。フッ素はナトリウムなどと結合した化合物のフッ化物として入っている。

ケント大学の研究グループは、甲状腺機能低下症と水道水に含まれるフッ素の量との関連について調査を行った。

フッ素高い地域で多い

その結果、水道水のフッ素の含有量が0.3mg/Lを超える地域では、甲状腺機能低下症の一般的な発生率と比較すると30%高くなっていた。フッ素を含む水道水を供給する地域では、水道水にフッ素を含まない地域に比べ、甲状腺機能低下症が2倍近く高いという現象も確認できた。

研究グループは、「今回の研究は、一時期の状況を切り取って調べた観察研究なので、原因と結果の関係を断定はできない。フッ素化物を水道水に入れる量を減らす必要はありそう」と説明する。日本ではフッ素添加は一般的ではないものの、歯にフッ素を塗る処置は広まっている。考えるきっかけになるのかもしれない。』
(引用終わり)

フッ素の害

  • 甲状腺の機能低下
  • 松果体でのメラトニン合成を阻害するため睡眠に影響したり、発がん性が上がったりします。
  • 副腎疲労
  • 小脳機能低下

フッソの解毒

当院ではホリスティックキネシオロジー検査(フィシオエナジェティック)を使用して解毒物質、内蔵の解毒機能サポートに必要な物質・ハーブを調べることができます。

⇒ 解毒(デトックス)についてはこちら

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

先日も、不登校の方を調べると、フッ素により甲状腺の機能低下が疑われるケースがありました。皆様注意してくださいね。

 

⇒ ご質問・ご相談はこちらから

 

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査(フィシオエナジェティック)は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補