こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

先日、目の奥が痛いという患者様を調べるとナイアシン(ビタミンB3)不足が問題のひとつであるケースがありました。

geralt / Pixabay

今日はナイアシン(ビタミンB3)の作用について説明します。

ビタミンB3(ナイアシン、ニコチン酸)

・皮膚の機能を正常に保つ
・糖質・脂質・たんぱく質の代謝に役立つ
・コレステロールと中性脂肪を減らす
・神経の健康と脳の機能(神経伝達物質の合成)
・血管コントロール(片頭痛の予防と緩和、血液循環を良くし、血圧を下げる、メニエール症状の緩和)
・400種以上の酸化還元に関する酵素を活性化
・性ホルモンの合成(他コルチゾール・チロキシン・インスリンの合成)

ナイアシン(ビタミンB3)が不足するとこんな症状の原因になります。

・口内炎
・口角炎
・舌炎
・下痢、便秘、腸炎
・胃酸の分泌低下
・ガス
・不眠
・抑鬱
・頭痛(片頭痛、群発頭痛など)
・めまい、ふらつき
・記憶障害、ノイローゼ
・抑うつ症状(セロトニン不足)
・疲労感、倦怠感
・蓄膿
・口臭
・関節炎
・通風
・低血糖症
・成長障害
・皮膚炎(日光過敏)

ナイアシン(ビタミンB3)を多く含む食品

・魚
・肉
・レバー
・豆
・アボカド

ナイアシン(ビタミンB3)不足の原因

・栄養不足⇒腸内でトリプトファンから合成される(ビタミンB1・B2・B6が必要)。
・アルコールで消費される
・炭水化物(糖質)の代謝で使用される
・エストロゲンの代謝で使用される
・睡眠薬の摂取
・胃酸不足には注意(制酸剤、亜鉛不足、ストレスなど)
・水溶性なので毎日補充が必用

ナイアシンサプリメント

ナイアシンはナイアシンアミドという形で摂ることにより、ナイアシンフラッシュという副作用を抑えることができます。

ナイアシンアミド(ビタミンB3) 500mg[海外直送品]
B000I4AIUK

 

眼の奥の痛みの原因はナイアシン不足だけではなくさまざまです。原因不明の目の奥の痛みでお悩みの方、是非ご相談ください。

⇒ ご質問・ご相談はこちらから

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補