こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

今日はホリスティックキネシオロジー検査の生体化学物質の検査項目である肝臓機能低下についてお話しします。

肝臓での解毒や代謝がうまくいかないと様々な症状の原因となります。

肝臓の機能

肝臓の機能には

・解毒機能
・胆汁分泌
・血液成分の調節
・たんぱく質・脂質・糖質の代謝
・アミノ酸合成
・抗酸化物質の合成
・血糖値の調節

などなど約500種類もの機能があります。

肝臓の解毒機能

その中で解毒について簡単に説明します。

ジェフリー・ブランド博士の20日間で若返る
ジェフリー ブランド サラ ベナム Jefferey S. Bland
4478960720

自然療法〈1〉基本・診断・療法 (自然療法シリーズ)
Jr.,ジョゼフ・E. ピゾルノ 帯津 良一 マイケル・T. マレイ
4882823799

解毒とは超簡単に説明すると脂溶性のものを水溶性に変える、ということ。

脂溶性のものは蓄積します。水溶性のものは蓄積しないので尿や便、そして肺からガスとして出て行きます。

フェーズⅠ(第1相)で活躍するのはシトクロムP450などの酵素です。酸化・還元・加水分解により水に溶けやすい性質に変わります。

難点は活性酸素が大量に発生するということです。

フェーズⅡ(第2相)は抱合です。

グリシンやグルタチオンなどのアミノ酸やグルクロン酸、硫黄化合物により抱合体になり、さらに親水性を高めるため、アセチル化やメチル化がおこなわれます。

アセチル化やメチル化をフェーズⅢとしている情報もあります。

肝臓の解毒機能低下から起こる症状

倦怠感、頭重感、頭痛、肩こり、悪酔い、アルコール中毒、自家中毒、目の症状(眼精疲労、飛蚊症、目のかすみ)、化学物質過敏症、蕁麻疹、精神症状、不眠症、パニック障害、活性酸素の発生(動脈硬化、肩こり、腰痛、免疫力低下)、鉄欠乏性貧血、肝硬変、などなどさまざまです。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるのは、ひとつは一見肝臓と関係の無いような症状として出ること、そして血液検査でも調べることが難しいってことなんです。では血液検査の肝機能って何を調べているかと言うと急性の炎症が起こっているかどうか、ですので実際には機能を調べているのではないのです。

アルコールが全く飲めない人は解毒機能が弱いということになりますが、それだけでは血液検査には引っかからないのです。

 

症状の原因はもしかしたら肝臓かもしれません。原因不明の症状でお悩みの方、ぜひご相談ください。

ご相談・ご質問はこちらから

 

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補