こんにちは。大阪府池田市のホリスティイク療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は肩こりの患者様の例です。

ホリスティックキネシオロジー検査で肩こりの原因を調べると

1、第1頸椎の歪みによる膵臓機能低下 ⇒ 膵酵素不足

⇒ 上部頸椎カイロプラクティックで調整

2、リーキーガット症候群による肝臓機能低下
3、カフェイン不耐性によるビタミンB6不足

でした。

katakori_woman

ビタミンB6(ピリドキシン)の役割

・ナトリウムとカリウムのバランスをとることを助ける
・葉酸と共同しホモシステインの構成を減少させることによって、心臓血管健康につながる
・正常な赤血球の生産を促進
・血液の抗凝固作用
・ホルモン生産のコントロール
・抗体の生産を促進
・たんぱく質(アミノ酸)の代謝の補酵素としての役割がある
・脂質代謝に必要な酵素の合成
・神経伝達機能
・ドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質の合成
・胃酸の成分である塩酸の生産を助ける
・ビタミンB12の正常な吸収
・たんぱく質と脂肪の吸収
・腎臓結石を防ぐ
・トリプトファンをナイアシン(ビタミンB3)に転換するのを助ける
・神経と皮膚障害の予防
・つわり緩和
・抗うつ薬による口の渇きや排尿障害の緩和
・夜間の筋肉の痙攣、ひきつり、手のしびれ
・結合組織(エラスチン)の合成
・解毒を促進

ビタミンB6が不足すると・・・

・肩こり
・貧血
・神経疾患
・肌の不調および傷を引き起こす
・蕁麻疹・皮膚炎
・痙攣やてんかん発作
・皮膚炎
・蕁麻疹
・口内炎
・神経炎
・脂漏性皮膚炎
・舌炎
・口唇炎
・神経過敏
・抑鬱症状
・末梢神経炎
・貧血
・ケイレン
・動脈硬化
・うつ
・手足のしびれ
・PMS
・脂漏性皮膚炎
・手根管症候群
・不眠症
・脳内神経伝達物質に影響

ビタミンB6が含まれている食べ物

・肉
・魚
・卵
・レバー
・玄米
・ナッツ

ビタミンB6が不足する原因

・アルコールやカフェイン飲料はビタミンB6を大量に消費する
・ピルや女性ホルモン(エストロゲン)はビタミンB6不足の原因になる
・消化酵素不足(膵臓酵素・胃酸不足(制酸剤、亜鉛不足))
・水溶性なので毎日補充が必用(タンパク質の摂取が不足する)

 

このようにビタミンB6不足で肩こりが起こることもあります。その場合はビタミンB6を摂取するか、不足している原因を取り除かないと肩こりは治りません。

もちろん肩こりの原因はビタミンB6不足だけではなくさまざまです。原因不明の肩こりでお悩みの方、ぜひご相談ください。

⇒ ご質問・ご相談はこちらから

 

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補