こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

ホリスティックキネシオロジー検査での検査項目の中に食品不耐性がありますが、その中でヒスタミン不耐性についてお話します。ヒスタミン不耐性は頭痛、蕁麻疹、喘息などの症状を引き起こします。

ヒスタミン不耐性

ヒスタミンとは?

ヒスタミンという物質はアレルギー炎症を起こす物質として知られています。アレルギー反応により肥満細胞がヒスタミンを分泌します。

それだけではなく食品からヒスタミンが入ってくるケースもあります。

ヒスタミンを多く含む食品

鮮度の落ちた生鮮食品(魚・干物・魚の味噌漬けや西京漬け・缶詰類・魚醤・牛肉・鶏肉・豚肉・卵・乳製品・加工肉(ハム・ウインナー・ソーセージ・サラミ・ベーコンなど)・発酵食品(キムチ・塩辛・チーズ・パン・アルコール(ビール・赤ワインなど)・ナス科の植物(ナス・トマトなど)・チョコレート・ココア)・ほうれん草・エノキダケ、など

日持ちさせるように加工したものに細菌がふえたり、日持ちするものが傷んできたり、熟してから食べるフルーツが傷んできたりすると細菌がヒスチジンというアミノ酸からヒスタミンを生成します。

ヒスチジンを多く含むもの

チーズ、ピーナッツ、アボガド、バナナ、など

ヒスタミン検査は食中毒の検査の一部として食品中に細菌が増えているかを調べるために行われています。

ヒスタミン不耐性とは?

ヒスタミンは腸内細菌(善玉菌)や体内の酵素が無毒化してくれますが、何らかの原因でヒスタミンが処理しきれなくなり、ヒスタミンが増えている状態をヒスタミン不耐性と呼びます。

ヒスタミンが増えすぎると様々な症状が起こります。

血管を拡張させ、頭痛、むくみ、じんましん、発赤、皮膚・目・鼻のかゆみ、鼻水・くしゃみ、気管支収縮(喘息)などのアレルギー反応を起こします。

他にもヒスタミンが増える原因としてレクチン不耐性の問題があります。

レクチンは肥満細胞からヒスタミンの遊離を促進させます。

レクチンを含むもの

卵白、イチゴ、トマト、パイナップル、アルコール、チョコレート、エビ・カニ類、魚類の一部

ヒスタミンが増える理由

・腸内悪玉菌の増加
・ヒスタミンやヒスチジンを多く含む食品の摂取
・ヒスタミンを分解する酵素の問題
・レクチン不耐性
亜鉛不足
Lメチオニン不足
アレルギー

など

その他の頭痛に関するブログ記事

 

頭痛や蕁麻疹の原因はヒスタミン不耐性だけではありません。原因不明の頭痛でお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

⇒ ご相談・ご質問はこちらから

 

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頸椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・兵庫県 伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市・京都・滋賀
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック