こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

頭痛(片頭痛や群発頭痛)の一因として多い問題として硫黄不耐性の問題があります。

⇒ 硫黄について詳しくはこちら

Peggy_Marco / Pixabay

Peggy_Marco / Pixabay

頭痛の原因が硫黄不耐性!?

硫黄の代謝の問題によって、硫黄化合物が過剰になりさまざまな症状を引き起こします。

・頭痛
・鼻炎
・くしゃみ
・鼻のムズムズ
・気管支炎
・咳
・喘息
・下痢症状
・吐き気

硫黄不耐性は海外ではサラダバー症候群とも呼ばれています。

サラダバー症候群って?

サラダなどの生野菜を消毒殺菌する際によく使われるのが亜硫酸塩(亜硫酸ナトリウム)という硫黄化合物です。殺菌消毒だけではなく発色作用もあるためによく使われるのです。

コンビニ弁当の生野菜やーパーやコンビニのカットサラダ・カット野菜などの消毒に使われているものもあるようです。亜硫酸塩は防腐剤・発色剤・酸化防止剤などの表記がされている場合もありますが、赤ワインの防腐剤やドライフルーツの発色剤・防腐剤などにも使われています。

赤ワインに含まれているチラミンは頭痛を起こすことで有名ですが、それだけではなく亜硫酸塩によって頭痛を引き起こすかもしれません。

硫黄は人にとって重要なミネラルなのですが、硫黄代謝に必要な酵素の働きが遺伝的もしくは後天的に弱いために問題が起こってしまう方がいます。

硫黄を含むもの

硫黄は、ユリ科の植物(にんにく、玉ねぎ、ねぎ、ニラ、ラッキョウなど)やアブラナ科の植物(ブロッコリー・大根・キャベツ・わさび・からし、など)に含まれています。

身体に良さそうなものばかりですよね?

硫黄は肝臓にとっては無くてはならない栄養素でもありますし、体の組織を構成するアミノ酸合成、Lメチオニンやグルタチオン(解毒物質・抗酸化物質)の生成にも必要な重要な栄養素です。当然硫黄不耐性の方は解毒や抗酸化の問題が起こります。

サプリメントではLシステイン、Lメチオニン、グルタチオン、タウリン、MSM(有機硫黄化合物)、アルファリポ酸、コンドロイチン硫酸、SAMe(サミー)などにも含まれているのでご注意を!!

肝臓にてLシステインという含硫アミノ酸がホモシステインという物質に変化します。そのホモシステインをメチオニンに合成できないと硫黄化合物が過剰に余ってしまいます。たんぱく質の代謝物であるアンモニアを無毒化できなくなります。そしてLメチオニン減少やグルタチオンも減少します。

硫黄不耐性の対応について

もちろん硫黄を含むものできるだけ避けたほうがいいですが、当院ではホリスティックキネシオロジー検査を使って硫黄不耐性の根本原因に対応します。

硫黄アレルギー

硫黄にアレルギーができてしまう方もいます。そうなると症状がひどくなってしまいます。

そのほか頭痛に関するブログ記事

 

 

ニンニクなど硫黄を含むものを食べて気分が悪くなる方はもしかしたら硫黄アレルギーがあるかもしれません。ぜひご相談ください。

⇒ ご質問・ご相談はこちらから

 

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市・兵庫県 伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・京都・滋賀・奈良からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補