こんにちは。大阪府池田市のホリスティック治療院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

頻尿や塩分が欲しくなる原因はアルデステロン不足かもしれません

pcdazero / Pixabay

アルデステロンとは?

アルデステロンは副腎皮質から分泌される鉱質コルチコイドというホルモンです。ナトリウムとカリウムのバランスを制御しています。

副腎疲労が最終段階になると、副腎皮質で作られるアルドステロンの分泌が減少し、 ナトリウムとカリウムのバランスが崩れ、ナトリウム不足・ カリウム過多の状態になります。

その結果、ナトリウムが尿によって頻繁に排泄され頻尿になったり、体内で塩分が不足するようになり、塩分が欲しくなります。

アルデステロンの役割

  • ミネラルの調節(ナトリウムとカリウムのバランス)
  • 尿量の調節
  • 血液量の調整
  • 血圧の調整

アルデステロンが不足すると

  • 塩分が欲しくなる
  • 頻尿
  • 低血圧
  • めまい、ふらつき
  • 覚醒低下、認知機能低下
  • 血行不良
  • 疲労感

塩分の摂取は一次的にナトリウム不足を解消しますが、根本原因を取り除かないと塩分を常に摂取しなければならなくなります。

副腎疲労が原因で塩分が欲しくなる場合、ほぼ必ず糖分も欲しくなります。副腎皮質ホルモンであるコルチゾールやDHEAが減少しているためです。

⇒ コルチゾールについて詳しくはこちら

⇒ DHEAについて詳しくはこちら

アルデステロンが過剰になる原発性アルデステロン症(副腎の腫瘍など)という病気でも頻尿が起こることがあります。

アルデステロンが過剰になると

  • 頻尿
  • 喉が渇く
  • 倦怠感
  • 筋力低下
  • 高血圧

などがかあります。

頻尿や塩分が欲しくなる症状について当院でできること

当院ではホリスティックキネシオロジー(フィシオエナジェティック)を使用し、頻尿や塩分が欲しくなる症状の根本原因を探ります。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

もしアルデステロンが不足しているとしたら、その原因が何なのかを構造・生体化学・精神心理・情報伝達・オーラ/チャクラなどの分野から探り、その根本原因をさぐります。

副腎機能を回復させるためのアダプトゲンなどのハーブや栄養をおすすめすることもあります。

抗ストレスハーブ・アダプトゲン

 

そのほか副腎疲労に関するブログ記事

 

原因不明の頻尿や塩分が欲しくなる症状でお悩みの方、もしかしたらアルデステロン不足が関係しているかもしれません。ぜひご相談ください。

 

⇒ ご質問・ご相談はこちらから

 

 

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー(フィシオエナジェティック)検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

頻尿でお悩みなら
上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市・兵庫県 伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・京都・滋賀からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補