こんにちは。大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

胸やけなどの症状につながる逆流性食道炎の原因のひとつとして、食道裂孔ヘルニアがあります。

逆流性食道炎の原因のひとつとして食道裂孔ヘルニアがあります。

横隔膜には食道が通っている穴があります。これを食道裂孔といいます。この食道裂孔が緩んでしまい胃の噴門部が食道裂孔の抜けて胸部にあがってしまう状態を食道裂孔ヘルニアと呼びます。こうなると胃酸により食道に炎症がおこるのです。

実際には食道裂孔ヘルニアにまでなってなくても食道裂孔が緩んでいるだけでも胸焼けなどの症状を起こします。食道裂孔は横隔膜によって食べる時以外は閉められており胃酸の逆流を防いでいます。

逆流性食道炎(食道裂孔ヘルニア)の原因

この横隔膜の異常は様々な要因があるのですが、一番の問題は脳の神経伝達物質のアセチルコリンです。アセチルコリンは最終的に副交感神経に関係するホルモンで、緩んではいけない筋肉をコントロールしています。例えば寝ている時に横隔膜が緩んでしまうと胃酸が逆流し食道や喉に炎症を起こします。

問題はこのアセチルコリン不足は胃酸不足も関与するということ。逆流性食道炎は胃酸過多が原因とされ制酸剤が処方されます。

もしこれが胃酸過多ではなく胃酸不足だったら・・・当然、より悪化することになります。胃のふたが開いているので胃酸を減らすといっしゅん胃酸が上がらなくなるのでましになった気がしますが、根本は悪化し胃のふたが閉じなくなるのです。

 

その他にも横隔膜に影響する問題はあります。

  • 肺経の流れの問題
  • 消化不良や悪玉菌によりガスが発生し横隔膜を押し上げます。

消化不良の原因としては、グルテン不耐症(小麦・大麦・ライ麦に含まれているたんぱく質を消化する酵素を持っていない)、乳糖不耐性、消化酵素不足(胃酸不足、膵液不足、胆汁不足)、悪玉菌(カンジダ菌→カンジダ菌は炭水化物・糖質をエサにアルコールとガスを作ります)などがあります。

 

薬を飲んでもよくならない逆流性食道炎(食道裂孔ヘルニア)でお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

⇒ ご質問・ご相談はこちらから

 

 

※当院でおこなうホリスティックキネシオロジー検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

上部頚椎カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー検査
大阪府池田市のホリスティック療法院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市・尼崎市・西宮市・三田市・神戸市・芦屋市・吹田市・高槻市・茨木市・堺市
からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

【電話番号】
072-752-3702
【営業時間】
9:00~13:00 14:00~21:00
【PCホームページ】
大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ
【FACEBOOK】
関西カイロプラクティック

アメブロロゴ候補